パワードジム&オマケ

画像多過ぎて、重くてすみません。

なんだかんだで発売から数カ月して完成。
しかも一部塗装のみ。

 

塗装箇所は、

●足下のセンサー(?)類、脇腹上部、ランドセル下半分、他細部:ニュートラルグレー
●腰部ヘリウムコア(?):ガイアイエロー+蛍光オレンジ少々
●シールド:レッド+蛍光レッド+蛍光オレンジ少々

とはいうものの、前の量産型ガンキャノンやら、mixiのミニ四駆動大会出場マシンの色やらの余り色を使用したので混合比なんかは適当だったり。

今回の個人的見せ場は、

●頭部中心のスジ彫り
●マシンガン部、頭頂部カメラのフチを削り、シャープさを出す(MG誌のパクリ
●全身のスジ彫り

どれも寄った画像がないので微妙に分かりづらいですが。

スミ入れはカトキスタンダードなGFF、ジオノと並べた時に違和感が無い様にフラットブラウンにて。
マーキングはガンダムデカールの
HGUCアナハイム社MSセットMGボールVer.KaMGガンダムVer.Ka、あといつものA-oneのインクジェット対応転写シールを一部。

またもやつや消しトップコートでカブった。特にヒザと足裏。
プラ生地に直接コートは微妙に相性が悪いっぽい。
今度からはちゃんとつや消し剤をラッカー溶液で薄めたのをエアブラシで吹こう、今後の宿題。


一応、アナハイム協力のテスト機という事で、所属部隊のマーキングは無し。
シールドは既存のGM用の流用という事でこの色。
ナンバリングの003は、連邦軍のルールでは適用外なのですが、テスト機なのでゼロナンバーから始まる物を。

ていうか、サーベルラックの位置、左側からだと構造的に右手で持つのは難しいんですけれど、どうやってんでしょ?
あと、スタンドはパチ組後、放置中のアッシマーに付属していた物を使用。

微妙にありえない編成。
機体的にもカラーリング的にも。

でも統一感は取れているので良しとしておきます。
あ、押さえの空き缶が写った。

絶賛仮組み中のドムとからめてみる。
早くこっちも完成させねば。
もうちょっとライティングも考えないとなー。

 

戻る時はブラウザの閉じるでお願いします。